神戸で食べたカーニバルプリン


かなり昔の話ですが、神戸の三宮に行った時に友達と入ったカフェで食べた
カーニバルプリンが忘れられません。
忘れられない、というのは味のことではなく(味も美味しかったですが)、
登場の仕方の方です。

もっちりした大き目のシュータイプのドーナツの中に、カスタードプリンが入っていました。
そしてドーナツに花火が刺さっていたんです。


厨房から運ばれてくる時に、花火のパチパチする音がすでにしていました。
まわりのお客さんに注目されるし、ちょっと恥ずかしかったですが
サプライズ感があってとても印象に残っています。

しかしそのカフェは、阪神・淡路大震災の時に被災してしまったというのを聞きました。
改めてショックを感じましたね。

そう思っていた時に、たまたまネットのチャットをしていた時に
神戸在住の人とたまたま話す機会がありました。
あのカーニバルプリンがあったお店(名前が特長があるので覚えていました)
のことをたずねると、
場所は移動したけれど開店しているようだよ、と教えてもらえました。

それを聞いて、とてもうれしかったですね。
また神戸に行ったら立ち寄りたいと思いました。

それと、神戸の人も地元の心配をしてくれたといって喜んでくれました。
ネットでお店の近況がきけたのもうれしかったし、ちょっと心が温かくなりました。